anything.el 拡張お試し

"hoge""fuga" のどちらかを選んで、ミニバッファに出すだけの実験。

基本的には、候補リスト (candidates) を定義あるいは生成して、選択されたものをどうするかという action を定義しておけばよいっぽい。 candidiatesaction を繋げるのは anything がよろしくやってくれる。

(defvar anything-c-hogefuga-sources
  '((name . "Show hoge or fuga")
    (candidates . ("hoge" "fuga")
    (action ("Echo" . (lambda (selected) (minibuffer-message selected))))))

(defun anything-hogefuga-message ()
  (interactive)
  (anything-other-buffer 'anything-c-hogefuga-sources "*anything hogefuga*"))

M-x anything-hogefuga-message すると、選択インタフェースがでて、選ぶとミニバッファにエコーする。